肌荒れしないか気になる!医療レーザー脱毛はアトピーや敏感肌の人でもできる?

アトピーや敏感肌に悩んでいる人は体調によって、そして使うスキンケア商品によって肌の状態が変わってきます。

そんな肌状態だと「脱毛は肌に負担が来そうだからきっと無理なんだろうな」と思ってしまいますよね。

アトピーや敏感肌の人の医療レーザー脱毛は可能なのでしょうか。

 

◆アトピーや敏感肌の方でも施術できる!

医療レーザー脱毛は効果が実感できる分、肌への負担がかかってしまうのでは?というイメージが強いですよね。

実際に光脱毛などで脱毛している脱毛サロンでは肌が荒れていると念のためお断りしているというサロンが多いようです。

クリニックで施術する医療レーザー脱毛の場合、肌への負担を減らしつつ、毛根へレーザーが届くように照射するという方法になります。

そのため、ダメージは毛根のみになりますし、脱毛の照射によって肌が荒れてしまうといった心配はかなり低いのです。

実際に医療レーザー脱毛の場合、アトピーや敏感肌体質の人でも脱毛をしている人は多いです。

アトピーや肌荒れに悩んでいる人はこのようなタイミングで脱毛しています。

・肌荒れやアトピー症状が出ていないで落ち着いている時
・脱毛する予定の箇所(ワキやVラインなど)に症状が出ていない場合


この場合、問題はありません。

脱毛する箇所自体がひどい肌荒れを起こしている、アトピーの症状が出ているという場合は施術をしない事もありますが、場合によっては症状がひどい箇所を避けて脱毛するというクリニックもあります。

まずはカウンセリングの際にどの程度なら脱毛が可能か、肌へのダメージは問題ないかを相談してみましょう。

 

◆カミソリや毛抜きなどの自己処理は危険!

普段から、ムダ毛の処理は皆さん、どのようにしていますでしょうか。

本当はレーザー脱毛とかに興味があるけど肌に負担がかかりそうだからといって諦め、別の方法で処理していると思います。

一般的には手軽に出来る毛抜きを使ったりシェービングなどをして自己処理をしていませんか?


これらの自己処理は以下のデメリットがありますのですぐにでも辞めた方が良いです。

・カミソリを使って剃ると肌の表面部に当たる角質層にもダメージが及ぶ
・毛抜きで処理をして菌が入ると毛穴が炎症を起こしてしまう事がある
・定期的に処理する事で段々と肌へのダメージが蓄積してしまう
・アトピーや肌荒れが悪化する原因にもなる

この様に自己処理を1か月に1,2回、行っていくうちに起きる肌トラブルが原因で、ひどい場合、跡が残ってしまう可能性もあります。

自己処理を繰り返すようであれば、医療レーザー脱毛の方がずっと安全です。

医療レーザー脱毛の場合、目安として6回ほどの回数で処理がそれほど必要ないぐらいになる方が多いのでトータル回数だけで考えても肌へのダメージが少ないのです。

脱毛完了後、自己処理をする必要もなくなりますのでその分、カミソリによるの肌荒れや毛穴の炎症といった肌トラブルのリスクは下がります。

 

◆アトピーや敏感肌の方の医療脱毛の選び方

アトピーや敏感肌の人の場合、基本的に光脱毛などを行っている脱毛サロンでの脱毛は出来ない事が多いです。

理由としては脱毛サロンには医師がいないといった点や、施術後に肌トラブルなどがあると問題になるので念のためお断りしているケースがあるのです。

医療レーザー脱毛の場合は医師がついていますし、もしも肌トラブルが起きた場合でもお薬の処方もしてもらえるので安心ですね。

ただ、医療レーザー脱毛を行っているクリニックは多いのでどこを選べばよいのか迷うかもしれません。

そこでまず参考にしたいのがクリニックのサイトです。

サイトにはどのような脱毛をしているか、どのような技術を取り入れているのかといったご案内がされていると思います。

そこで注目してほしいのは複数の種類の脱毛器を採用しているクリニックです。

複数種類の脱毛器を患者さんの肌や毛の状況に合わせて選択してくれるのでアトピーや敏感肌の人でも無理がかからないベストな脱毛方法で施術してくれます。

逆に1種類しか脱毛器がないクリニックでは比較的普通の肌の人向けの機器の場合が多いです。

その場合は医師が肌の状態を見たうえで照射が出来るか判断するという方法になります。

この様に自分の肌の状態を考慮してくれそうか、サイトを参考にしたり、実際にカウンセリングに行って話を聞いたうえで選ぶようにしてみましょう。

 






同じカテゴリーの最新の記事