効果の口コミ、安い医療レーザー脱毛は?



医療レーザー脱毛とは?

医療脱毛

脱毛は現在の女性にとって、身だしなみの一つとして当たり前のこととされています。
自己処理でのムダ毛のお手入れは肌に負担がかかりやすく、黒ずみ・肌荒れ・毛穴に黒いブツブツが目立つ・毛嚢炎と言った肌トラブルを起こす可能性が高くなります。
また次々と再生するムダ毛があるので、自己処理に終止符を打つということはありえません。

「医療レーザー脱毛」は、煩わしい自己処理から解放されるために「永久脱毛」を可能にした、医療機関のみで行える治療方法です。
自己処理では肌に刺激を与え続けますが、レーダー脱毛なら肌への負担がかかりません。
脱毛サロンで行う光脱毛よりも脱毛機器の照射パワーが高いので、短期間でムダ毛のナイーブな悩みが解決できて、それ以降にムダ毛が再生する可能性がほぼありません。

レーザー脱毛で永久脱毛ができる仕組みは、レーザーが黒いもの(ムダ毛のメラニン色素)のみに反応する性質を活用したものです。
メラニン色素に反応するレーザーは、ムダ毛の深部まで熱エネルギーとして吸収されて、ムダ毛を再生する毛乳頭を破壊します。

もう一つ永久脱毛の効果を高くする効果があります。
これはムダ毛の再生の中枢と言われている、皮脂腺開口部下部にある立毛筋(バジル)を破壊する効果です。

このようにムダ毛が再生する組織を根元から破壊することで、医療レーザー脱毛では永久脱毛を可能にしています。

いま医療機関で主流で使われている医療レーザー脱毛機器の種類です。

  • アレクサンドライトレーザー
  • GーMAX
  • ダイオードレーザー
  • YAGレーザー

それぞれの機種には特徴がありますから、肌質・毛質に合わせて使い分けをしてくれる医療機関で施術をするのが最適です。
カウンセリング時に医師と相談をして、治療方法を決めていきましょう。

脱毛サロンでは、このような治療行為に当たることは禁止されています。
同じように光を使った処理方法を取っていますが、光の出力が非常に弱く、「抑毛」「減毛」と言った脱毛効果しか発揮できません。
ですから永久脱毛はできず、ムダ毛が再生する可能性が残ってしまいます。

医療脱毛と脱毛エステの違い

医療脱毛

脱毛を始めようとすると、医療機関での「医療脱毛」と、脱毛エステでの「光脱毛」の2種類の脱毛方法があることに気がつきます。
どちらでもムダ毛のお手入れができるのですが、何が違っていてどちらを選べばいいのかはわかりますか?
最初に目を引くのは料金の違いですが、「値段が安いから脱毛エステで。」と、安易に決定するのは間違いです。
自分にピッタリ合った脱毛方法を選ぶためにも、医療脱毛と光脱毛の違いは何かをご紹介します。

医療脱毛と脱毛エステの大きな違いは、①医師が常駐している ②脱毛機器の照射パワーの違い という2つです。
医療レーザーは、波長がまっすぐで一方方向に進むため、威力が強く脱毛効果が高くなります。
脱毛エステの光脱毛(IPL脱毛・プラズマ脱毛)は、フラッシュライトというホワイトライトをパルス化(断続的な波長)してあり、自然光に近い状態で波長がバラバラです。
そのため威力が弱くなるので脱毛効果が弱くなります。

医療機関では医師がいつでも常駐しているので、何か問題が起こった時にすぐに対応できるメリットがあります。
そのため厚生労働省から認可されている、照射レベルの高い医療レーザーでの施術ができ、医療行為として認められます。
医療脱毛ではムダ毛の根元にある毛根と毛乳頭を破壊できるので、ムダ毛がほとんど再生しない「永久脱毛」が可能です。
施術期間が短くてすみ、通う回数が少なくて済むということと、専門知識を持った有資格者が施術を行ってくれるので安心できるというメリットがあります。

脱毛エステで施術に使う脱毛機器は、医療レーザーに比べて照射パワーの出力が弱くなります。
光脱毛では「長期的な効果のある脱毛」は禁止されて、毛根や毛母細胞は破壊できず永久脱毛はできません。
正確には「抑毛」「減毛」という効果になり、ムダ毛が再生する可能性が残ります。
また脱毛で効果が期間は長くなり、施術に通う回数は医療脱毛の約3倍の回数になります。
そのかわりに1回の施術に対する料金は、医療脱毛に比べて安価になるメリットがあります。

脱毛エステでは大々的なCM展開を行っていますから、短期間で確実に脱毛ができるイメージを持ちがちになります。
ですが本当に完璧に脱毛をしたいと思うなら、納得できる仕上がりや維持効果がどちらが満足できるかをよく比較検討して、選ぶようにすると不満が残りません。

毛の成長サイクル、周期とは

医療脱毛

医療レーザー脱毛を医療機関で行う場合、毛の再生するサイクル、「毛周期」の性質を利用して施術を行います。
毛周期とは、毛が再生して成長するサイクルのことです。

  • 成長初期   毛母細胞の分裂が始まる時期で、皮膚な中で成長を始めます。
  • 成長期    毛母細胞が活発に分裂をして、体表に伸びてきている状態です。
  • 退行期    体表に毛が出ていますが分裂は止まった状態で、抜け落ちるのを待っている状態です。
  • 休止期    毛が抜け落ちて、毛母細胞が分裂を始めるのを待っている状態です。

体表に現れている毛というのは毛全体の1/3程度で、残る毛は皮膚の下で生える準備をして待っている休止期の状態です。
全ての毛が順番に再生行為を行うので、例えばムダ毛の自己処理をしても、成長初期のムダ毛がすぐに生えてきてしまい、また処理をしないといけない状態になります。

医療レーザー脱毛で脱毛効果を発揮するのは、「成長初期」と「成長期」のムダ毛だけです。
ですからムダ毛の再生するサイクルの毛周期を活用して、一番脱毛効果が上がるペースと言われている2~3ヶ月に1度のペースで、医療レーザー脱毛を行うのが最適です。

毛周期は身体の部位によって、生えるスピードが違います。

  • 髪の毛    0.3~0.4mm/1日・休止期は約4ヶ月です。
  • 眉毛・まつ毛 0.18mm/1日・成長期はたったの2ヶ月です。
  • ワキ毛    0.3mm/1日・休止期は約4ヶ月です。
  • ビキニライン 0.2mm/1日・休止期は約4ヶ月です。
  • 腕・脚    0.2~0.4mm・成長期は3~5ヶ月あります。

これは部位による毛の伸びるスピードと性質で、部位によって毛周期が異なりますし、毛の長さや硬さが違います。
医療レーザー脱毛を始める時に、少しでも早く脱毛を完了したいからといってむやみやたらに施術を行っても、時間とお金を使うだけで効果的に脱毛はできません。
施術を行ってもらう医療機関で適切な毛周期を提示してもらって、脱毛の施術のスケジュールを組むようにしましょう。

脱毛が完了するまでの日数は?

医療脱毛

医療機関や脱毛サロンで脱毛の施術を受け始めると、脱毛が完了するまでの日数はどれくらいかかるのでしょうか?
どちらで脱毛を始めても、ムダ毛の濃さや部位によって、脱毛が完了するまでの期間は若干変わります。
医療レーザー脱毛で脱毛をする場合、5~6回の施術を受ければ脱毛が完了すると言われいます。
脱毛サロンの光脱毛の場合は、医療レーザー脱毛の約3倍の期間がかかると言われていますから、15~20回位施術を受けないと満足できるムダ毛の量にはできません。

最適なペースで脱毛の施術に通うために、「毛周期」という発毛のサイクルを理解しておきましょう。

  • 「成長期」  毛母細胞が活発に分裂して毛が成長する時期
  • 「退行期」  成長が止まって抜け落ちるのを待機する時期
  • 「休止期」  毛が抜け落ちて、毛母細胞が分裂を始めるのを待機している時期

脱毛効果が発揮できるのは「成長期」のムダ毛だけです。
成長期のムダ毛のメラニン色素と反応してムダ毛を処理をする仕組みで、充分な効果を発揮するには成長期になるのを待って照射しなければなりません。
ムダ毛は順番に成長期に入るので、そのタイミングが2~3ヶ月に1度ということです。

最初にご紹介をしました施術回数を2ヶ月でかけ合わせてみますと、

医療レーザー脱毛の場合  5~6回×2ヶ月=10~12ヶ月
光脱毛の場合       15~20回×2ヶ月=30~40ヶ月

きちんと2ヶ月に1度脱毛の施術に通えたとして、医療レーザー脱毛なら約1年、脱毛サロンなら2年半~3年位の期間が必要ということです。
回数や期間の違いは、医療脱毛と光脱毛の照射パワーの違いです。
光が到達する部分は医療脱毛の方が断然深く、5回程度の施術でほぼ半永久的に脱毛ができます。
脱毛サロンでは、「抑毛」「減毛」という処理方法で、ムダ毛が再生する可能性が残ります。
脱毛のかかる日数だけではなく、確実に脱毛できるのはどちらを考えて、医療期間で脱毛するのか脱毛サロンで脱毛するのかを決定しましょう。




前の記事